とも姐の神戸散歩

元町とは?

大丸神戸店

明治時代から大正時代にかけて神戸の中心地だったのが元町。特に南側は神戸港開港とともに造成された外国人居留地、そして中華街「南京町」。さらに海側は大きな商社のビルが建ち並び、港町の全てがこの辺りにありました。

昭和に入ってから鉄道事情などにより神戸の中心地は現在の三宮エリアに移りますが、実はそれまでの省線(現在のJR)三ノ宮駅は現在の元町駅付近にありました。それもそのはずで「三ノ宮」の地名の由来となった三宮神社は現在の大丸神戸店の斜め向かいにあることからも、この辺りが三宮の原点でもあったことがわかります。

現在は大丸神戸店を中心に、三宮よりも大人びたお店が建ち並ぶハイセンスなエリアとなっています。

このエントリーをはてなブックマークに追加