とも姐の神戸散歩

モトコー5、モトコータウン6

1〜2街区 » 3街区 » 4街区 » 5〜6街区 » 7街区

公開 : 2023/1/8

モトコーファイブ

モトコーファイブ。「ファイブ」が仮名書きだけで、なんとなくレトロを感じます。
モトコー4街区の花隈南商店街の真っ暗エリアをそのまま引き継いでます。こんなに真っ暗なのに営業している店があることに驚きです。

モトコーファイブ

花隈南商店街と違うのは、天井に蛍光灯があること。でも、そこには灯りは点されていません。

モトコータウン6

暗いモトコーファイブからさらに西へ、「モトコータウン6」です。通称「あじさいの街」。
2022年現在、完全に封鎖されています。

モトコータウン6

脇道からも中へ入ることはできません。

高架下商店街を表から見ると、完全なガード下ではなく、ガード下に独立した建物が造られているんですね。リニューアルになるとこの建物も撤去されることでしょう。

モトコータウン6

では、ここで2019年にタイムスリップ。現在、封鎖された外からの通路の外壁は、こんなオシャレな絵が描かれていました。私は元町高架下で、この絵が好きでした。

モトコータウン6

封鎖され、中に入ることができない「モトコータウン6」(あじさいの街)を探検します。比較的早い段階で立ち退きが進んだこともあって、2019年の時点で営業している店はありませんでした。

モトコータウン6

元町高架下ではアートな通りでもあり、芸術的なシャッターアートも多く見られました。

モトコータウン6 モトコータウン6

早々と閉店した店にはファンシーなミューラルアートもありました。

モトコータウン6

ファンシーと言えば「牛のマークのえびすや」。看板と言うよりは貼り紙。マークと言うよりは絵やん。

このほのぼのとしたお店も見ることはできません。いや、もしかするとリニューアルする「MOTOKO6」で復活するかも…!?

このエントリーをはてなブックマークに追加

Instagram   YouTube   twitter   mastodon
© 2023 Tomo All Rights Reserved.