とも姐の神戸散歩

八栄亭

公開 : 2021/11/21

八栄亭

新開地で有名な焼き鳥屋さん「八栄亭」。創業は大正元年の老舗。神戸空襲の時には、創業者が焼き鳥のタレが入った壺を抱えて避難し、今もそのときの味を守り継いでいるという伝説ある名店です。

その歴史もさることながら、この建物のデザインにも注目。焼き鳥屋さんとは思えないモダン建築。丸窓やアーチ型の窓は大正〜昭和初期に見られる特徴ですね。

八栄亭

丸窓に近づいて見ました。窓周りの煉瓦の組み方が大正モダンな感じです。

そして、この写真でもう一つ注目して欲しいのは右側の看板。
「八栄亭(上店)」と「八栄亭下店」と表示されています。これはいったいどういうこと?

八栄亭

裏側に回ると…おわかりいただけたでしょうか?

1枚目の写真では3階建てなのに、裏側に回ると2階建てになります。つまり裏通りから入ると上店、表通りから入ると下店に入店となるわけですね。

また円形のレリーフの上の出っ張りに「取って付けた」感があります。

八栄亭

横から見てみました。表と裏で段差があったんです。そもそも新開地は天井川の湊川を埋め立てた場所に発展。八栄亭はちょうど、その縁に建てられたことから、このような構造になっています。

パイプの配置にも歴史を感じます。

八栄亭

そしてY字路に建ってるんですね。とにかく建物鑑賞だけでも見飽きない焼き鳥屋さんです。焼き鳥も美味しいらしいので、いずれ食べに行きたいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Instagram   YouTube   twitter
© 2021 Tomo All Rights Reserved.