とも姐の神戸散歩

中突堤中央ビル

公開 : 2022/7/31

中突堤中央ビル

ポートタワーの山側に南北へ連なる建物は中突堤中央ビル。南館はポートタワーが完成する前の年(1962年)に完成。ここが「中突堤」と呼ばれていた頃の生き証人です。

中突堤中央ビル

南館壁面の素焼きのモニュメント。神戸と港に関するレリーフが組み合わされており、よく見ると神戸の姉妹都市ロッテルダム(オランダ)、シアトル(アメリカ)の位置を描いた地図、中央には今から1980年代の神戸港の地図が描かれています。

中突堤中央ビル

中突堤中央ビルの中に入ってみます。天井や壁のデザインが凝っています。

しかし昼間でも、この寂しさ。これだけの広さなのに営業している店も2〜3店舗しかありません。

ポートタワーはリニューアルされますが、こちらは建て替えられることが決まっており、入居者もほとんどが退去しています。

中突堤中央ビル

1階へ降りる階段。
中からでも凝った建物であることがわかります。特に天井の装飾は、ここがかつての神戸の海の玄関だったことを偲ばせてくれます。

中突堤中央ビル

外に出てきました。「グルメ横町」というものの、今は喫茶店が1店だけ営業しているだけです。

立て替えは南側(ポートタワー側)だけの予定ですが、一方で一体的な再開発も提起されています。

※参考資料 : 中突堤中央ビル (神戸市港湾局、PDFファイル)

このエントリーをはてなブックマークに追加

Instagram   YouTube   twitter
© 2022 Tomo All Rights Reserved.