とも姐の神戸散歩

旧武藤山治邸 (旧鐘紡舞子倶楽部)

〜1階編〜

公開 : 2019/12/28

旧武藤山治邸 (旧鐘紡舞子倶楽部)

旧武藤山治邸は1907年、明治から昭和初期にかけて鐘紡社長や衆議院議員を歴任した武藤山治の私邸として建てられた洋館です。

旧武藤山治邸 (旧鐘紡舞子倶楽部)

武藤の死後は鐘紡が保養所として所有。2007年に兵庫県に寄贈されました。

旧武藤山治邸 (旧鐘紡舞子倶楽部) 旧武藤山治邸 (旧鐘紡舞子倶楽部)

北野町の異人館にはない円形の大きなバルコニーが特徴的。

旧武藤山治邸 (旧鐘紡舞子倶楽部)

明治時代の建物が阪神・淡路大震災の震源地近くで残されているのには偶然がありました。実は震災前から明石海峡大橋建設に伴う移築のため、解体されていたのです。

旧武藤山治邸 (旧鐘紡舞子倶楽部)

そのため建材、内装、装飾品はほぼ無傷で保存され、その後、現在地よりも西側の垂水区狩口台で復元されました。ちなみに移築前はビリヤードをするためだけの建物もあったそうです。

旧武藤山治邸 (旧鐘紡舞子倶楽部)

兵庫県に寄贈後は再び舞子に移築され、現在に至っています。

旧武藤山治邸 (旧鐘紡舞子倶楽部)

では、明治時代のお金持ちの生活に触れてみましょうか。

※公式サイト:旧武藤山治邸 (舞子公園)

このエントリーをはてなブックマークに追加

Instagram   YouTube   twitter
© 2019-2020 Tomo All Rights Reserved.