とも姐の神戸散歩

阪急神戸三宮駅

公開 : 2020/1/19 , 写真追加 : 2021/6/20

神戸阪急ビル東館

2019年12月撮影

2019年から本格的な建て替え工事が始まった阪急神戸三宮駅。2基の建設用クレーンは向かいの三宮ターミナルビルの解体工事のクレーンとともに、今や三宮の名物となっています。

1995年の阪神・淡路大震災でレトロな駅舎は全壊し、解体後、仮設駅舎で運営されていました。

建物の工事から完成までの様子は「神戸三宮阪急ビル」のページで追っていきます。本項では阪急神戸三宮駅に限った内容をまとめていきます。

阪急神戸三宮駅

2019年12月撮影

JR三ノ宮駅から見た阪急神戸三宮駅。

神戸阪急ビル東館

2020年7月撮影

2020年7月、低層階のベールが剥がされました。アーチ状の窓に旧駅舎の面影を見ることができます。

神戸阪急ビル東館

2020年12月撮影

駅前の横断歩道で振り返ってみると…空に届きそうなぐらい高くなりました。

※旧駅舎(模型)の写真はこのページの一番下にあります。

神戸阪急ビル東館 阪急神戸三宮駅

駅ビルが建て替えられるとはいえ、ところどころ1936年開業当時の面影を見つけることができます。東口の玄関上部には、旧駅舎のはりを見つけることができます。

神戸阪急ビル東館 阪急神戸三宮駅

西口には、レトロなコンコースが残されています。

阪急神戸三宮駅 阪急神戸三宮駅

この工事の状況からみると、新しい駅ビルになっても残されていくのでしょうか。

阪急神戸三宮駅 阪急神戸三宮駅

2021年5月撮影。
2021年4月、神戸阪急ビル東館が竣工。建物名も「神戸三宮阪急ビル」に変わりました。ビルは高層ビルになりましたが、アーチ型の構造。六角柱の電燈、ここだけは1936年開業当初の様子が残されていました。

阪急神戸三宮駅

2020年7月撮影

ホームの西端から東方向を見てみました。

エンジェル松浦ビル

ホームの西端から山側を見ると…天使がいました。

阪急神戸三宮駅

2020年9月撮影

阪急神戸三宮駅に停車中の電車の窓から。向こうから後続の特急電車が突っ込んできそう。

阪急神戸三宮駅

2020年9月撮影

阪急神戸三宮駅に停車中の電車の窓から。神戸三宮駅の信号機。

※公式サイト:阪急電鉄おでかけ情報 神戸三宮駅

阪急神戸三宮駅

1995年まで存在していた駅舎…の模型。

2019年5月に、そごう神戸店(現・神戸阪急)で開催された「三宮鉄道フェスティバル」で展示されていた模型です。

トンネルのような駅舎を出入りする電車の様子は、アニメ映画「火垂るの墓」の冒頭でも登場します。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Instagram   YouTube   twitter
© 2020 Tomo All Rights Reserved.