とも姐の神戸散歩

阪神電鉄春日野道変電所

公開 : 2020/10/4

阪神電鉄春日野道変電所

神戸の副都心・HAT神戸に隣接し、近代的ビルが建ち並ぶ一角に時代にポツンと取り残された建物を見つけました。阪神電鉄春日野道変電所です。

阪神電鉄春日野道変電所

この建物の見所は、四隅や外側にせり出した柱の上部にある、変電所という厳つい施設には不釣り合いな可愛らしい飾り(コントラスト強調)。設計者の遊び心を感じます。

阪神電鉄春日野道変電所

この建物、いつ建てられたのかといった情報が不明です。建物の雰囲気から昭和初期の建物のように思われます。

公開されている阪神電鉄の公式資料を見ると、阪神電鉄の変電所は沿線に7か所あり、そのうちの一つが、この春日野道変電所だそう。でも竣工年は未記載でした。

阪神電鉄春日野道変電所

竣工年を探るため「神戸大学付属図書館デジタルアーカイブ」の古地図も見てきました(といってもネット上で見られるんですけどね)。

実地踏測神戸市街地図

1934年発行の「実地踏測神戸市街地図」を見ると、この発電所のある場所に「葺合郵便局」がありました。ということは、1934年当時、この変電所は存在していないことがわかります。

そして、この地図、阪神電車の線路は書かれているにも関わらず、春日野道駅がありません。地図上の線路をたどると終点の三宮駅らしき駅は記載されています。

阪神電鉄春日野道変電所

もしかすると、この変電所の生い立ちには最寄り駅の阪神春日野道駅の開業も関わってるのかも…と、調べてみると1905年開業…明治時代やん!

阪神電鉄春日野道変電所

ところが…です。「実地踏測神戸市街地図」が発行された1934年、阪神電鉄には大きな転機があったのです。

1933年、岩屋駅から三宮までの地下路線化が進められ、その間、春日野道駅は一時的に廃止されていたのです。つまり、そのタイミングで発行された「実地踏測神戸市街地図」に春日野道駅が掲載されていないのは当然だったわけです。

阪神電鉄春日野道変電所

阪神三宮駅(当時は神戸駅)が地下駅として開業したのは1933年。その翌年、阪神春日野道駅が地下駅として開業します。

それまでの阪神電車は路面電車と同じ扱いでしたが、地下路線に切り替わったことにより輸送力は増強されたとのことです。

阪神電鉄春日野道変電所

ここからは推測ですが、輸送力増強に伴い、沿線に自社の電気設備が必要となり、葺合郵便局の場所に変電所を建てた…とも考えられます。

であれば、葺合郵便局が現在地に移転した年から推測できそうですが、葺合郵便局が現在地に建設されたのは1968年とのこと。この変電所の趣から、1968年は新しすぎるような気もします。

とはいえ、1934年以降に建てられたことは間違いなさそうです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Instagram   YouTube   twitter
© 2020 Tomo All Rights Reserved.