とも姐の神戸散歩

阪神春日野道駅

公開 : 2019/7/27

阪神春日野道駅

今やHAT神戸の玄関口となっている阪神春日野道駅

以前は電車の幅よりも狭いホームがある駅として知られていましたが、2004年に島式ホームから現在の広々とした相対式のホームに切り替わりました。

かつての狭いホームは立ち入ることはできませんが、現在も鉄道遺構として上下線の間に残されています。

阪神春日野道駅

東改札口を出ると「日本一怖い駅」とまで揶揄された幅2.6mの島式ホームが利用されていた頃の写真も展示されています。

現在、バリアフリー化に伴い、全国的に駅の転落防止対策が進められていますが、この狭いホームが使われていた70年間、この駅での転落事故は全くなかったと言われています。

※公式サイト:阪神電車・駅情報 春日野道駅

このエントリーをはてなブックマークに追加

Instagram   YouTube   twitter
© 2019 Tomo All Rights Reserved.