とも姐の神戸散歩

旧乾邸

〜2〜3階編〜

外から » 建物・庭園 » 1階 » 2〜3階

公開 : 2022/6/19

旧乾邸

赤絨毯の敷かれた階段。この階段を上がって2階へ。

旧乾邸

2階廊下からは、吹き抜けのゲストルームを見下ろすことができます。

まるで映画のワンシーンに出てきそうなアングルです。事実、旧乾邸は映画やドラマのロケ地としても使われています。

旧乾邸 旧乾邸

主人寝室。
寝室とはいうものの、応接室っぽいですね。出窓は南向きで大阪湾を望むことができます。目覚めがよさそうな部屋です。

旧乾邸

寝室には、のぞき窓があります。のぞき窓を覗いてみると、ゲストルームを見下ろすことができます。
ゲストルームで宴が開かれているときに、ここでこっそり休憩をとっていたのかな。

旧乾邸

夫人寝室
夫婦でそれぞれ寝室があるなんて、さすが大金持ち。ちなみに主人寝室との間には浴室とトイレが配置されています。もちろん廊下で行き来もできます。

そういえば1階にも夫人室がありました。1階と2階にそれぞれ奥様の部屋があるなんて贅沢です!

旧乾邸

2階の廊下。廊下にも赤絨毯が敷かれています。
ちなみに2階には納戸も含めて6部屋。そのうち衣装部屋も含めて3部屋が和室になっています。

旧乾邸

衣装部屋。和室8畳です。
隣には女中さんの部屋があるのですが、広さは、この衣装部屋と同じです。

旧乾邸

2階から3階への階段。旧乾邸は外から見ると2階建てのように見えますが、実は3階建てです。
でも、1階から2階の階段と比べると、極端に短い階段です。また、踊り場の下には主人寝室ののぞき窓があります。

旧乾邸

3階に上がってきました。位置的には吹き抜けのゲストルームの真上になります。
3階にはサンルームがあり、バルコニー越しに、いや着物を着た女性越しに海側を望みました。竣工当時はタワマンも、その向こうの橋もなかったと思いますが、いい見晴らしです。
ただこの部屋はリノベーションされていて、レトロ感はあまりなく、また説明会の会場にもなったため、室内の写真は撮れませんでした。

「いつか見たかい洋館」だった旧乾邸。隅から隅まで、堪能させて頂きました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Instagram   YouTube   twitter
© 2022 Tomo All Rights Reserved.