とも姐の神戸散歩

菟原処女伝説を訪ねて

更新 : 2021/1/25

菟原処女伝説

東神戸地域には、古くから「菟原処女うない おとめ伝説」という悲しい恋の物語が語り継がれています。

その伝説は、古くは奈良時代の『万葉集』に登場し、平安時代の歌・物語集『大和物語』、南北朝時代には謡曲・能『求塚』に語り継がれ、近世では森鴎外によって戯曲『生田川』が書き下ろされ、さらには川端康成の未完の小説『たんぽぽ』にも着想を与えました。

いったい、どのような伝説だったのでしょうか。

摂津名所図会 生田川

『摂津名所図会』(1798年刊行・国立国会図書館所蔵)より

昔、葦屋あしのや(現在の東灘区から芦屋市)に、菟原処女うない おとめという気立てが良くて美人な女性が住んでいました。菟原処女は、ある日、地元の菟原壮士うない おとこと、和泉国の茅渟壮士ちぬ おとこの2人の男性から、同時にプロポーズされました。

2人の男性は結婚相手としては甲乙つけがたく、悩んだ菟原処女は、生田川の水鳥を最初に射貫いた男性と結婚することを提案。しかし、2人の男性は同時に同じ水鳥を射抜いてしまったのです。

菟原処女は「私のために2人の男性が争うのは申し訳ない」と生田川へ身を投げます。それを知った2人の男性も、後を追いました。

この出来事に悲しんだ3人の親はあの世で結ばれるよう、菟原処女の墓を挟むように、それぞれの男性の墓を作って、弔ったと伝えられています。

【原作】
『万葉集』
・「過葦屋処女墓時作歌一首」(田辺福麻呂・巻9 1801〜2)
・「見菟原処女墓歌一首」(高橋虫麻呂・巻9 1809〜11)
・「追同処女墓歌一首」(大伴家持・巻9 4211〜12)

『大和物語』
・「生田川」(147段)

【注釈】
※登場人物名は「菟原地区に住む未婚女性」「菟原、茅渟地区に住む若い男性」という意味で、実名はありません。また、出典によって登場人物名が異なるため、当サイトでは女性は『万葉集』、男性は『大和物語』の登場人物名に統一します。

※『万葉集』では、茅渟壮士は千沼壮士ちぬのますらお小竹田壮士ささたおとこという名前で表記されています。

※謡曲『求塚』では、菟原処女は、菟名日処女うないおとめと表記され、2人の男性は『万葉集』では同一人物とみられる血沼丈夫ちぬのますらお小竹田男ささだおとこが別人として登場し、なぜか菟原壮士のモデルになる人物は登場しません。

※森鴎外の戯曲『生田川』では、菟原処女は自殺を思いとどまり、故郷を離れて、新たな人生を歩む結末となっています。

今も、この伝説の舞台が残されています。
今回は「文学散歩」と洒落込んで、伝説の背景を追いながらお散歩してみましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Instagram   YouTube   twitter
© 2021 Tomo All Rights Reserved.