とも姐の神戸散歩

旧トーセン邸

昼の旧トーセン邸 » 夜の旧トーセン邸

公開 : 2022/9/10

旧トーセン邸

北野坂から北野天満神社へ向かう細い坂道を上がっていくと、左に北野天満神社、そして風見鶏の館(重要文化財・1909年竣工)が見えてきます。ほとんどのエトランゼはこの坂道を左へ曲がりますが、曲がったことが嫌いな私は、ここを直進します。

勾配のきつい坂道を登ること5分足らず。“草原”の向こうに格子窓が特徴的な旧トーセン邸(1919年竣工)が見えてきました。

旧トーセン邸

がれきの向こうに、そびえ立つ旧トーセン邸

廃墟とは言え、今でも堂々とした姿を見せています。菱形の窓枠は旧ハンター住宅(重要文化財・王子動物園内に移築)にも見られます。

旧トーセン邸

実はこの地にワンルームマンションが建つ計画があったようです。

建築計画標識によると2021年1月着工、8月完成とありますが、今年は2022年。工事前からワンルームマンション計画も頓挫してるやないですか!

旧トーセン邸

手入れしてないとここまで荒れてしまうものでしょうか。

旧トーセン邸はもともと公開異人館でしたが、1995年の阪神・淡路大震災をきっかけに公開が取りやめられ、廃墟化が進みました。

旧トーセン邸

裏に回ってみました。
人の気配はありませんが、雨戸が中途半端に開いてるし…。昼間だからいいものの、夕暮れや夜だと、絶対に通りたくないですね。

…といいつつ、後日、夜にも訪れています

旧トーセン邸

どの異人館にもいえることですが、裏は地味な構造です。特に旧トーセン邸の裏は山のため、海側のような装飾は不要でしょう。

旧トーセン邸

建物の脇から海側を臨みます。北野町の異人館なのに、誰もいない…。

旧トーセン邸

工事フェンスの外から中を覗き込んでみました。

1階のベランダ部分。荒れているように見えますが、少しだけ手を加えればすぐにでも公開できそうな雰囲気です。

旧トーセン邸

玄関の扉。シンプルですがレトロティック。ドアノブや押しボタンが比較的新しいことを考えると、今でも管理をしている人がいるようです。

旧トーセン邸

玄関上部と2階。1995年以降、文字通り扉を閉ざしてしまったトーセン邸。なんと2010年に「ひょうごの近代住宅100選」に選ばれているのです。兵庫県お墨付きの文化財でもあるのです。それだけに、このままにしておくのはもったいないです。

旧トーセン邸

ガラスの外された扉から、スマホの望遠機能で覗き込んでみました。突き当たりの壁には、時代が感じられる家具が残されているのがわかります。

旧トーセン邸

2階のバルコニーの外壁はヨーロッパの家具にありそうな可愛らしい造りです。ぜひともいつかは綺麗になって、公開されることを願っています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Instagram   YouTube   twitter
© 2022 Tomo All Rights Reserved.