とも姐の神戸散歩

萌黄の館

〜2階編〜

建物 » 1階 » 2階

公開 : 2022/3/6

萌黄の館

2階へ上がってきました。まず見てもらいたいのは階段の手すりの角。木彫の花は梅か桜をイメージしているのでしょうか。

それでは2階の各部屋をご案内します。各部屋のアンティーク家具や雑貨の数々は、好きな人にとってはたまらないかも。

萌黄の館

居間

萌黄の館

化粧室。化粧専用の部屋があるなんて!

萌黄の館

さて、この部屋は何だと思います? 実はこの部屋は…

萌黄の館

寝室でした!
広すぎて眠れないかも(^^;)

萌黄の館 萌黄の館

子供部屋

萌黄の館

そして浴室です。

萌黄の館

ベランダに出てきました。外側の窓枠は現代の建築には見られない模様です。

窓からの向こうは三宮方向が見えます。このビルが建った明治時代後期は海が見えていたはずです。

萌黄の館

ベランダを西向きに撮影。窓から夕焼けが見えます。
神戸にある異人館の多くは海側(南側)にベランダを設けていますが、日当たりの良さは当然ながら、神戸港に入ってくる船をチェックするためとも考えられています。

萌黄の館の主人は領事でしたが、多くの異人館の主は外国人貿易商の家として建てられ、船の出入りから経済の動向をチェックしていたとか。

萌黄の館

ベランダを東向きに撮影。窓の向こうは風見鶏の館が見えます。

萌黄の館

ベランダから2階の廊下。そろそろ、おいとましましょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Instagram   YouTube   twitter
© 2022 Tomo All Rights Reserved.