とも姐の神戸散歩

神戸文化ホール

公開 : 2020/4/19

神戸文化ホール

大倉山のシンボルと言えば、巨大なアジサイの壁画がシンボルの神戸文化ホール。神戸市民なら一度は行ったことがあるでしょう。1973年竣工。

神戸文化ホール

このアジサイの絵。意外に知られていませんが『智恵子抄』でおなじみの高村智恵子の絵「あじさいと花瓶」が原画となっています。ちなみにアジサイは神戸市民の花でもあります。

神戸文化ホール

このアジサイの壁画の真下には智恵子の夫・高村光太郎の詩『晩餐ばんさん』の一節「われらのすべてにあふれこぼるるものあれ われらつねにみちよ」と彫られた石碑があります。この石碑は光太郎の友人である詩人・草野心平によって書かれたものだそう。

神戸文化ホール

この巨大壁画がある神戸文化ホールも老朽化を理由に2025年度以降に三宮へ移転が計画されています。近い将来には、この壁画は見られなくなるかも知れません。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Instagram   YouTube   twitter
© 2019-2020 Tomo All Rights Reserved.