とも姐の神戸散歩

沢の井 (御影写し所)

公開 : 2021/2/11

沢の井

阪神御影駅の真下には「沢の井」という泉があります。写真を見てもわかるとおり、池の底が見えるぐらい透き通っています。鯉も気持ちよさそうに泳いでいます。

沢の井

「沢の井」は、またの名を「御影おんかげ写し所」といい、神功じんぐう皇后が朝鮮出兵の帰りに、この泉の水面に顔を映して化粧直しをしたという伝説があります。転じて、この地域一帯が「御影みかげ」と呼ばれるようになったと言われています。

沢の井

南北朝時代になると、この泉で酒を醸し、後醍醐天皇に献上。天皇はたいそう喜ばれたそう。

沢の井

この出来事にちなみ、御影地区の氏族は「天皇がよろこぶ酒を納める」という意味から「嘉納」という苗字を名乗ったとか。そういえば柔道の創始者・嘉納治五郎は御影出身ですね。

沢の井

とにかく、この「沢の井」は御影のルーツなのです。

沢の井

しかし…なぜ人は、こういう泉にコインを投入したがるのでしょうか。コインも生き物も投入禁止です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Instagram   YouTube   twitter
© 2021 Tomo All Rights Reserved.