とも姐の神戸散歩

甲南漬資料館 (旧高嶋平介邸)

〜建物編〜

公開 : 2020/3/20 , 写真追加 : 2020/6/28

甲南漬資料館 旧高嶋平介邸

甲南漬」でお馴染みの高嶋酒類食品が、初代社長の邸宅を甲南漬資料館として公開しています。

甲南漬資料館 旧高嶋平介邸 甲南漬資料館 旧高嶋平介邸

1930年に竣工。設計は旧神戸生糸検査所(現・KIITO)御影公会堂などを手がけた清水栄二によるもの。

写真左側の三角状に出っ張った窓は、御影公会堂にも似た構造を見ることができます。

甲南漬資料館 旧高嶋平介邸

登録有形文化財にも指定されています。

甲南漬資料館 旧高嶋平介邸

梅と甲南漬資料館 (2020年2月撮影)。

甲南漬資料館 旧高嶋平介邸

アジサイと甲南漬資料館 (2020年6月撮影)。

甲南漬資料館 旧高嶋平介邸

緑に包まれた甲南漬資料館 (2020年6月撮影)。

甲南漬資料館 旧高嶋平介邸

洋館の裏側には阪神電鉄石屋川車庫があります。私が訪れた日はオレンジ色の電車が止まってました。

甲南漬資料館 旧高嶋平介邸

洋館を裏側から見てみました。左側に丸窓がありますが、ここにはステンドグラスが埋め込まれています。

私のバスはどこですか?

前庭には洋館には不釣り合いな顔出しパネルがありました。

私のバスはどこですか?

この顔出しパネルは、アーティスト・トミモとあきなさんによる芸術作品で「六甲ミーツアート芸術散歩2012」に出展した顔出しパネル5枚組の1枚。トミモとあきなさんのブログによると裏面にも違う絵が描かれているとのこと。

私のバスはどこですか? 私のバスはどこですか?

上の写真が、顔出しパネルの「裏の顔」です。リバーシブルの顔出しパネルも珍しいのではないでしょうか。

なお、この作品はバスを見失ったバスガイドが自分が乗っていたバスを探すというアートパフォーマンスの一環で、バスを探し求めて日本中を旅しているそうです。

参考サイト:TOMIMOTRAVEL 私のバスはどこですか?

甲南漬資料館 旧高嶋平介邸 甲南漬資料館 旧高嶋平介邸

洋館の両脇には大正時代に作られた酒蔵が固めています。酒蔵はお蕎麦屋さん、売店として活用されています。

では、中に入ってみましょうか。

公式サイト:こうべ甲南 武庫の郷

このエントリーをはてなブックマークに追加