とも姐の神戸散歩

垂水センター街

公開 : 2021/5/16

垂水センター街

垂水商店街の北側を東西に通る垂水センター街

東側のゲートには、2021年最も注目された魚・マンボウの親子と明石海峡大橋と虹が描かれています。しかし、このマンボウ、空を飛んでいるのか!

垂水センター街

緩やかなカーブを描く商店街。商店街統一の店名看板がアーケードからぶら下がっているのも珍しいですね。商店街はそこそこ賑わっていましたが、お年寄りが多いようです。若い人は同じセンター街でも三宮センター街を目指すのかも。

垂水センター街

アーケードからぶら下がる店名看板で1か所だけ、3つ並んだ看板がありました。このような配置も珍しいですね。

垂水センター街

レトロな奥畑屋履物店の看板。「履物店」という言い方もレトロチックですが、それよりもレトロなのが電話番号。なんと4桁。市内局番がない時代の看板なのか、それとも略されているのでしょうか。

垂水センター街

寝具と呉服ののだやの看板。数学の集合問題を思わせるようなロゴ(?)。数学風に言うと「『の』かつ『や』は『だ』」といった感じでしょうか。おっと数学の話をするとじんましんが出る体質のため、この話は、ここで終わりです。「小間物」という表現もレトロですね。

垂水センター街

西側のゲートはカモメとトビウオが飛んでいました。

ちなみにこの辺りの地名は「陸ノ町」と書いて「くがのちょう」と読みます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Instagram   YouTube   twitter
© 2021 Tomo All Rights Reserved.