とも姐の神戸散歩

駒林神社

公開 : 2022/4/17

いかなごのくぎ煮発祥の地 駒林神社

駒ヶ林漁港お散歩していたら「いかなごのくぎ煮発祥の地」の石碑を見つけました。

駒林神社

ここは駒林神社
平安時代、駒ヶ林は京や福原の都を訪れる人びとが上陸する港として発展し、特に渡来人を検問する役所「玄蕃寮げんばりょう」が置かれたそう。その玄蕃寮に祀られた神社が駒林神社のルーツとされています。

駒林神社

1178年、平清盛が上陸したことに始まり、1336年には戦に敗れた足利尊氏は、ここを詣でたあと、港から船に乗って追っ手から逃れたとか。

駒林神社

本殿。一の鳥居にかかる額の書体といい、本殿にかかる額の書体といい、趣を感じます。

駒林神社

駒林神社の祭神は応神天皇。御利益は厄除け。

駒林神社

神社の裏から本殿を望む。

公式サイト:厄除の宮 駒林神社

駒ヶ林蛭子神社

駒林神社の近くにあった駒ヶ林蛭子神社

海の幸の守護神として祀られ、駒ヶ林の漁師さんの信仰を集める神社。蛭子神社と言えば恵比寿様。いつも大きな鯛を持っていますね。

駒ヶ林蛭子神社

境内にあった魚供養塔。

そういえば、垂水漁港にある宝の海神社にも魚型の「海の幸供養塔」がありましたね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Instagram   YouTube   twitter
© 2022 Tomo All Rights Reserved.