とも姐の神戸散歩

布引ビルUR都市機構布引アパート

〜解体編〜

公開 : 2021/10/10

布引ビルUR都市機構布引アパート

2020年の年末辺りから、布引ビルUR都市機構布引アパートに入居していた店舗、オフィスの撤退が相次ぎ、近々、この建物は解体されるとの噂がささやかれました。

布引ビルUR都市機構布引アパート

2021年4月には、フラワーロードに面していた淡陽信用組合神戸支店が撤退。その店舗跡は写真のように壁ごと壊されています。

※淡陽信用組合神戸支店は、その後、兵庫区内に移転しています。

布引ビルUR都市機構布引アパート

ここには美容室がありましたが、中はこの通り。
2021年9月現在、1階のすべての店舗は工事業者が入り、取り壊されていました。

布引ビルUR都市機構布引アパート 布引ビルUR都市機構布引アパート

1階の地下飲食店街には立ち入ることができなくなってました。

布引ビルUR都市機構布引アパート

上層階のアパートへの玄関も扉が閉ざされました。黒御影の「布引アパート」の銘板は、21世紀になっても、今は亡き「葺合区」の地名を留めています。個人的には博物館で保存すべきと思いますね。

布引ビルUR都市機構布引アパート

そして、ふと上を見上げてみました。もうここには誰も住んでいないわけですね。

布引ビルUR都市機構布引アパート

2021年10月現在、解体後、ここに何ができるのか不明ですが、存在感があった建物だけに、この辺りの風景も一変するのでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Instagram   YouTube   twitter
© 2021 Tomo All Rights Reserved.