とも姐の神戸散歩

芦屋警察署

公開 : 2020/12/13

芦屋警察署

神戸から一歩でも外へ出ると、全くの不案内。道に迷ったらお巡りさんの聞くのが散歩の鉄則。そこで見つけたのが芦屋警察署です。さすが芦屋!警察署に威厳を感じます。1927年竣工。

夕日に染まっていて全体的にレトロ建築のように見えますが、実は正面の外壁と玄関だけが竣工当時のもので、両脇は阪神・淡路大震災後に建て直されました。とはいえ、建て直された建物は、正面部分とコーディネートされ「ファザード保存」のお手本といってもいいでしょう。

芦屋警察署

正面玄関(現在は警察署の玄関ではありません)
睨みを効かせているのはミミズク。「夜でも街を見守っている」という意味があり、警察の役割を象徴している鳥です。

芦屋警察署

正面上部。
ちなみに設計は兵庫県営繕課。当時、営繕課の課長は、後に国立生糸検査所国立移民収容所の設計を手がけた置塩章でした。

芦屋警察署

玄関のランプ
右に映り込んでいるのは向かいのビル。1階には芦屋令嬢御用達の洋菓子店「アンリ・シャルパンティエ」の本店があります。

芦屋警察署

玄関
前述の通り、現在の玄関は芦屋川方面にありますが、ここでは竣工当時の玄関をそのまま保存しています。

兵庫県警は建物の保存に理解があるようですね。

芦屋警察署

玄関脇の小窓。格子の上部が尖っているのは、容疑者脱走防止のため?

芦屋警察署

昭和建築であることを示すプレート。

阪神芦屋駅

警察署の最寄り駅、阪神芦屋駅。
芦屋市は全国に名だたる高級住宅街ですが、それらは山の手側と言われています。でも海側も見所がいっぱいありますよ!

このエントリーをはてなブックマークに追加

Instagram   YouTube   twitter
© 2020 Tomo All Rights Reserved.