とも姐の神戸散歩

海神社

公開 : 2021/5/9

海神社

垂水区を代表する神社、その名も「海神社」。
私を含めて、多くの神戸っ子は、神社名を「かいじんじゃ」と呼んでいると思うのですが、正しくは「わたつみじんじゃ」と読みます。

海神社

ただ、神社関係者の話によると「かいじんじゃ」と呼ばれるようになったのは40年ほど前からだそうで、今となっては、どちらでもいいそうです (神社の公式サイトのアドレスも「kaijinja」になってますね)。

ちなみに、この赤鳥居の裏側の額には「綿津見神社」と書かれています(逆光のため写真には撮れませんでした)。

海神社 海神社

海の近くに建つ赤い鳥居をくぐって少し歩いたところで、神社の境内へ入る鳥居が出迎えます。

海神社

拝殿。

御利益は神社の名前にもなっている海上安全。そして「海は万物が育まれる所」として安産・子宝祈願、子孫繁栄の神様としても知られています。

主祭神は底津綿津見神ソコツワタツミノカミ

海神社

2021年5月現在、コロナ感染対策のため、鈴緒が取り外されています。

海神社

境内のトイレの壁に描かれた、ゆるーい壁画。

※公式サイト:海神社

海神社

垂水駅前交番から、花とパトカーと海神社の鳥居。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Instagram   YouTube   twitter
© 2021 Tomo All Rights Reserved.