とも姐の神戸散歩

「消防隊カレー」と「兵庫県警察災害と闘う救助隊員のカレー」

公開 : 2019/10/22

「消防隊カレー」と「兵庫県警察災害と闘う救助隊員のカレー」

2019年は全国各地で甚大な台風被害がありました。被災しなかった地域の人にとっても、日頃の防災対策を改めて考えさせられる年でもありました。

日頃の防災対策の基本は非常食の常備。阪神・淡路大震災の教訓から神戸市消防局と兵庫県警察ではレトルトカレーを発売しています(製造はエム・シーシー食品)。

「消防隊カレー」と「兵庫県警察災害と闘う救助隊員のカレー」

非常食なので温めなくても食べられるのが特徴。

消防隊カレー」は、神戸市消防学校のカレーをアレンジしたもの。「兵庫県警察災害と闘う救助隊員のカレー」は、救助隊員の声をもとに子供から大人まで幅広く食べられるように工夫されたカレーになっています。とにかく、レトルトカレーなのにジャガイモが大きいことに驚きます。

定価は2019年現在、税別で1袋300円と、少しお高めですが、非常時でも美味しくて栄養のあるカレーは備蓄して置いても損はしないでしょう。

神戸市内のスーパーでもたまに売っていることがあるようですが、神戸阪急・新館5階の「ひょうごふるさと館」で購入することができます。

※公式サイト:エム・シーシー食品「協創シリーズ」(通販もあります)

このエントリーをはてなブックマークに追加

Instagram   YouTube   twitter
© 2019 Tomo All Rights Reserved.