とも姐の神戸散歩

丸五市場

更新 : 2019/9/8

丸五市場

新長田本町筋商店街から路地のように延びる丸五市場。私が訪れた日はたまたま定休日だったのか、ほとんどの店でシャッターが下りてました。開店準備中と思われる東南アジア風な男性から声を掛けられたりもしましたが、それが日常のように感じるエキゾチックな雰囲気な市場です。

丸五市場

それもそのはずで、この商店街にはアジアンなお店も多くあるのです。別名「丸五アジアン横丁」。正面には三国志の展示物がありますが、韓国、ミャンマーの料理が食べられる店を見つけました。

なお、この市場では「ナイト屋台」という、今風に言うと「バル」っぽいイベントが毎週開催されています。開催期間もあるため、詳細は公式サイトで確認してください。

丸五市場

こういう商店街にある時計は「故障中」なのがデフォルトなのでしょうか。春日野道の大日商店街の時計も故障中でしたね。

ちなみに、この丸五市場は1918年に開業した歴史がある市場です。長田区と言えば阪神・淡路大震災の激甚な被害のイメージがありますが、地震当日は定休日であり、市場では火を扱う人もいなかったことから、大きな被害を免れました。その幸運もあって、震災前の長田の雰囲気を現代でも感じられる数少ない場所でもあります。

※公式サイト:丸五市場

このエントリーをはてなブックマークに追加