とも姐の神戸散歩

貧乏川

公開 : 2020/2/15

貧乏川

高級住宅地を申し訳なさそうに流れる、その名も「貧乏川」。

貧乏川は下を流れる川ではなく、川岸に開いた穴です。厳密には、ここが貧乏川の終点。ここから杣谷川そまたにがわと合流します。

貧乏川は摩耶ケーブル駅付近から摩耶山の麓に沿って流れ、住宅地では暗渠となり、ここに出てきます。

貧乏川

貧乏川(の穴)の上に立つ貧乏川の名前を記した杭。どこにあるかわかるでしょうか?

貧乏川

下の写真でガイドをつけました。木々や雑草がうっそうと茂っていて判別ができませんが、ここに「貧乏川」の名前が記されています。

この「貧乏川」の名は通称ではなく神戸市が管理する準用河川の正式名称。この杭も神戸市が設置したものです。

杣谷川

貧乏川(の穴)の対岸。「暴力団追放」の看板がありますが、実はここから徒歩2〜3分のところに、あの山口組総本部があります。

神戸市準用河川地図

神戸市発行のオフィシャルな河川地図に、圧倒的存在感を示す「貧乏川」の名前。

川の名前の由来には諸説ありますが、江戸時代、この辺りは水が豊富であるにも関わらず、農作物が採れず、農家が貧乏になったからという説が有力のようです。

そして、住宅地になってからは、住民から川の名前を変更するよう市に陳情が出されたこともあり、それでも神戸市は貧乏川の名前を守り通したそうです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Instagram   YouTube   twitter
© 2020 Tomo All Rights Reserved.