とも姐の神戸散歩

神明別館

更新 : 2019/7/7

神明別館

栄町通のオフィス街、西元町方面へてくてく歩くと、近代的なオフィスビル群の間に突如、レトロなビルが現れます。

神明別館

神明別館」。「あかふじ米」でお馴染みの株式会社神明が所有し、1階に、あかふじ米を使ったおにぎり専門店が入っています。

神明別館

ビルの上部には、建築年の1921年を示すレリーフが施されています。

1921年、旧帝国生命保険神戸出張所として建てられました。かつて神戸のビジネス街だった古き栄町通の面影を残す貴重な建物です。

神明別館 神明別館

でも、古くから、この辺りを知っている人は「ここにこんなビルがあったっけ?」と思うはずです。

それもそのはずで、前の所有者はこのレトロな外壁を保護する目的で、さらに黒っぽい外壁を設けていました。当時を知る人は、その様子は無機質で近代的な建物のように見えたはずで、まさかレトロな外壁が隠れているとは思わなかったでしょう。

2004年、文化庁から登録有形文化財に指定されています。

※参考リンク:文化遺産オンライン「フットテクノビル」

このエントリーをはてなブックマークに追加