とも姐の神戸散歩

妬湯

公開 : 2022/12/10

妬湯

有馬温泉には恐ろしい伝説がある温泉があります。その温泉の名は妬湯うわなりのゆ

字面を見るだけでも、なにやら曰くがありそうな温泉です。江戸時代のガイドブック『摂津名所図会』(1798年)によると…

昔、夫に愛人がいることを知った妻が、その愛人を殺し、自らもこの温泉に身を投げて自殺を図ったそう。その後、この温泉の前に着飾った美女が立つと、自殺した妻が嫉妬して煮えたぎるような温泉を噴き出させたとか。その温泉は「妬湯」と名付けられ、また妻の怒りを沈めるため「妬神社」が祀られたそうです。

妬湯

クールビューティの私もこの温泉の前にで立ってみましたが、温泉が噴き出すことはありませんでした。妬神社の神通力はすごいですね…というか、この温泉は1950年代には枯れてしまったそうです。その後、近所に新たな温泉が掘られ、その温泉は「妬泉源」と名付けられました。そして周辺の旅館、ホテルに温泉を提供しています。

それはわかったけど、さっきから、変な「飛びだし坊や」が目立っとぉやん!そもそも「坊や」っていう顔か?これ。

飛びだし坊やたち

この飛びだし坊やは、アーティスト・小川しゅん一氏の「飛び出し坊やたち」と名付けられた現代アート。有馬温泉の街角のいろんなところで見かけることができ、今や、有馬温泉の名物にもなっています。ちなみに2013年から設置されています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Instagram   YouTube   twitter   mastodon
© 2022 Tomo All Rights Reserved.