とも姐の神戸散歩

謝ビル

更新 : 2018/08/12 , 写真追加 : 2018/10/28

謝ビル

GoogleMapでこのビルを調べても「ビル」としか書かれてないんです。ビルの名前が「ビル」って…。Instagramに名前のないビルと紹介したところ、フォロワー様から「謝ビル」という名前であることを教えていただきました。

窓枠といい、角の柱のレリーフといい、いい雰囲気を醸し出しています。ビルの前を歩く人の風でめくれ上がりそうなスカートも、この景色に溶け込んでしまいそう…狙ったわけではないんですが(;^^)ヘ..

前はこの佇まいで、おそば屋さんがあったんですけどね。

謝ビル

ところで、この謝ビル。なんと屋上が瓦屋根!。ネット上にある謝ビルの写真をみると屋根が写っている写真はほとんどありません。おそらく地元の人も知らないのではないでしょうか。私もこの写真を撮るときに初めて知りました。

このような和風建築に洋風の外壁という和洋折衷な建物は「看板建築」と呼ばれ、昭和初期に流行したそうです。ということは、このビルは戦前に建てられた可能性があります。謝ビルとはタイプが違いますが「和栄ビル別館(2018年7月解体)」も看板建築と言えるでしょう。

謝ビル

2018年10月撮影

隣接していた立体駐車場が撤去されたことから、側面があらわになりました。

至る所に張り巡らされた配線、そして2階から屋上に行ける階段が存在していたことが明らかになりました。

このエントリーをはてなブックマークに追加